不動産の買取

不動産業者に不動産を売却をする場合のことについてとりあげてみたいと思います。土地や家など不動産の売却をするには売買の仲介を不動産会社がすることで、広告を出して購入希望者を募るということも多いとおもいますが、不動産業者に買取りをしてもらうといったケースも考えられます。こういった方式ですと買取価格はその会社によって査定額にも差があることが多く、その不動産会社はいくらで買い取ってもらえるのか正式な見積もりを取っておくことが必要かと思います。

 

この場合において大切なのは決して焦ることはしないで不動産の査定額が自分の希望よりだいぶ安かったら、他の業者にも同じ不動産を査定してもらうのがよいですし、最初から、複数の会社に対して売却したい物件の査定の依頼をするという方法が賢いやり方でしょう。

 

その他にも、例えば、場合によって最初は仲介の形で広告を出して、なかなか購入者が居ない場合には不動産会社が買取をしますよと提案するというといったケースもあるようです。この場合、注意すべきなのは、仲介だけをして手数料をもらうよりも、買取りして転売した方が利益を得られるので、不動産の買い手がすぐに付いたのにもかかわらず、買い手がつかなかったために自分たちで買い取ることに話を持って行って、売れないからと安く買いたたいてその分利益を出そうとしている悪いうわさもあったりしますので、注意しましょう。